SMK
Report / Event に戻る >
開催終了/動画公開中


コロナ禍の今、ますますヘルスケア、健康に対する意識が高まってきています。
一方、ヘルスケア関連のテクノロジーやサービスを構築する上で、どのような観点から取り組むべきか関心を持たれている方も多いと思います。
今回はこの「ヘルスケアをビジネスにする方法」をテーマに、ヘルスケアの有識者、クリエイティブデザイナー、SMKオープンイノベーション推進メンバーによるセミナーを実施いたします。
3者の視点からのディスカッションを是非お楽しみください。

■イベント動画視聴について
大変多くの方にご視聴いただき、終了いたしました。 ご視聴いただいた皆さま、誠にありがとうございました。
イベント動画はこちらからご覧いただけます。

■概要
・開催日時:2020年7月30日(木)16:00~17:10
・開催方法:ZOOMウェビナー
・申込方法:以下のURLからお申込みください。登録いただいたメールアドレス宛に視聴用リンクをご送付いたします。
・定員:先着100名様、無料

(タイムスケジュール)
16:00~16:03 挨拶、参加メンバー紹介
16:03~16:13 「これからのヘルスケア市場について」:山本精一郎氏
16:13~16:20 SMKが注目するヘルスケア関連技術のご紹介
16:20~17:00 ディスカッション:田子學氏×山本精一郎氏×SMK平井 伸幸
17:00~17:10 質疑応答

■登壇者紹介

左から
 ・山本 精一郎:社団法人世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターヘルスケア・データ政策プロジェクト長(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター特任研究部長)
 1996年に博士(保健学)号を習得し、同年4月より国立がんセンターに就職し、以降、今日まで同センターにて研究に従事してきた(現在も同センター特任研究部長を併任)。これまで、生物統計家としての専門を活かし、多くのがん臨床試験を実施し、標準治療確立に貢献してきた。また、全国14万人規模の前向き追跡研究を実施し、がんと生活習慣との関連を調べる研究に従事してきた。最近では、世界最大の乳がん患者の前向き追跡研究を実施するとともに、がん予防やがん検診のエビデンス・プラクティスギャップを埋め、それらを全国に普及する研究を行っている。2019年3月からは、これまでの経験を活かし、世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターにて、認知症や加齢に伴う生活習慣病をテーマに、ヘルスケアデータ政策におけるガバナンスギャップを埋める研究に取り組んでいる。

・田子 學:エムテド 代表取締役
アートディレクター/デザイナー
東芝にて家電、情報機器に携わり、家電ベンチャーリアルフリート(現アマダナ)の創始期に参画後、MTDO inc.を起業。企業や組織デザインとイノベーションの研究を通し、広い産業分野においてコンセプトメイキングからプロダクトアウトまでをトータルにデザインする「デザインマネジメント」を得意としている。 ブランディング、UX、プロダクトデザイン等、一気通貫した新しい価値創造を実践、実装しているデザイナー。
iF PRODUCT DESIGN AWARD 、reddot design award 、German Design Award、GOOD DESIGN AWARD、など国内外受賞歴多数。2013年TEDxTokyo デザインスピーカー。慶応義塾大学大学院 SDM 特別招聘教授、東京造形大学 デザイン学科 特任教授等。

・平井 伸幸:SMK株式会社 営業本部 マーケティング部 ビジネス開発課
2004年(株)ニコン入社。約11年間の勤務において、マーケティング部、欧州統括本部(オランダ):マーケティング/設計、開発統括部:設計と幅広い業務を経験。技術を踏まえた上で商品戦略の立案・実行、商品企画に精通し、製品のプロダクトマネジャーや新規カテゴリの立上げに従事。在職中には学費支給にて慶應義塾大学大学院経営学修士課程(MBA)を修学。2015年アーサー・ディ・リトル・ジャパン(株)(経営戦略コンサルティング)入社。クライアントの直面する多様かつ複雑な経営課題に対する解決に向けた支援に従事。主な担当領域/業務は、製造業および情報通信産業における事業戦略・新規事業参入戦略・R&D戦略の策定/実行支援、M&Aや業務提携に向けた対象企業の事業性(ビジネスデューデリジェンス)。2018年SMK(株)入社。商品開発ロードマップの策定やオープンイノベーションによるコラボレーションなど、商品企画やビジネス開発を統括。
▼SMK-Xメンバーのプロフィールはこちら
   https://smk-x.com/team/

(ファシリテーター)

・寺西 藍子:indigo 代表取締役
2007年広告会社、ADK入社。日本、グローバル企業の国内外、複数社のマーケティング活動を担当。ラグジュアリーブランド8年、AI/ロボティックスプロジェクトにも携わり、2017年より新規事業開発に従事。日本のスタートアップと大企業のエコシステムを成長させるべく、ブランディングXテクノロジーの目線で事業開発を担うプロジェクトSCHEMA(スキーマ)を自身でローンチ後、コミュニケーションの力をさらに活用し未来に貢献したいと考え独立。
https://indigobluemoon.com/